今、旅に出たい

今、観たい景色を求めて。歩く、歩く。

マカプウ岬、見渡す限りの海と空、その青さに圧倒されっぱなし

マカプウ岬、ローカルに手軽で人気なパワースポット

ハワイ2日目の午前はマカプウ岬のハイキングです。これはHISの無料オプションツアーです。

マカプウ岬とは、ホエールウォッチングで近年有名なハワイの観光名所です。日本ではまだそれほど知名度は有名じゃないですけど、ローカルの人オススメのパワースポットでもあります。

割と短時間でサクッといけるので、時間が限られている人でも大丈夫です。

マカプウ岬で見た圧倒的な青と青の境界線

集合はロイヤルハワイアンのトロリーバス乗り場にAM10時。BMTのクルーがバスで迎えにきてくれます。


我々の夫婦の他には、幼稚園児ぐらいの姉弟を連れた一組のカップルだけでした。

バスはマカプウ美咲に向けて出発。ハイウェイに乗って、ダイヤモンドヘッドを超えて、40分ぐらいのドライブです。

日本ほど道が整備されているわけでもなく、ガタガタしているし、S字カーブの連続で身体を揺らされたわけですが。

車中はハワイアンミュージックに溢れてゆったりとした時間。 ハワイでも日本の相撲は人気があるのか、『あけぼの、むさしまる、あんど、こにしき〜♪』って、ハワイ出身力士の名前を読み上げるという、めちゃくちゃ耳に残るフレーズの曲が流れます。

Tengoku Kara Kaminari (Thunder from Heaven)

Tengoku Kara Kaminari (Thunder from Heaven)

車の中から見える景色でも十分に綺麗なんですが、海側ではない反対側に座ってしまったので写真を断念。



そうこうしていると、マカプウ岬の入り口に。到着時間が10時45分でここから自由時間が2時間ぐらいです。マカプウ岬の頂上まで歩いて45分ぐらいって言われてたので、余裕は少ししかないですね。。

観光地だけども人でごった返しているわけではないですね。先に数台自家用車が止まってるぐらい。

ハワイはどこでも日本人に遭遇するイメージでしたが、我々以外に日本人らしき人はいませんね。



さて、歩き始めます。頂上までのハイキングコースはきっちり舗装されてて歩きやすいです。が、その勾配は急です。

小学生にならないぐらきの子供が何人か歩いてましたが、本当にしんどそう。おぶって歩く奥さんはもっとしんどそう。日本人よりもむきむきの白人のお母さんでしたけどね。

天候には恵まれて雲ひとつない感じでしたが、直射日光は強い。日焼け止めはもちろん、帽子、サングラスはあった方がいい。カラッとしてて汗でジメジメする感じではないんですけどね。


歩き始めて10分ぐらいになると、分かれ道。右は岩場のルート、左は頂上まで続く舗装されたルート。右のルートを行けば、パワースポットのペレの椅子があります。ただ往復で30分以上はかかると思うので今日は我慢。。


そこからさらに15分ぐらい歩けば最初の展望スポット。

多分、ここの下が右の岩場ルートがあって、ペレの椅子なんかのパワースポットがあるはずです。剥き出しの岩場なので、スニーカーで正解です。

ここで、うちの妻登場。ここハワイですが、浮かれることなく、めっちゃ気合いを入れて日焼け防止対策。

後ろを振り返ればこんな景色。遠くにたくさん車が見えるところが駐車場で、スタート地点。歩いて25分ぐらいでこの高さ。ここまで来ただけでも十分な満足感がある私。

ひとつ目の展望台は、日本でいう東尋坊。岩場の先まで一応歩いて行けます。ただし、足元はこんな感じ。珍しい妻の四つん這いです。


まぁ下はこんな感じ。これでも結構高いし、落ちたら助からんやろなぁ。。

波が崩れて綺麗な青。写真じゃ伝わりきらないと思いますが、吸い込まれるほどの青ってこんな感じなんだと感動。

ちなみにペレの椅子のルートに行けば、岩礁がプールのようになっているそうですね。

休憩を含め、ここで10分ぐらい時間を使いました。

それからさらに頂上を目指して歩きます。前の展望台から10分ぐらいのところに次の展望台。



ここはマカプウ岬の中でも有名な展望台。残念ながら6月は対象じゃないんですけど、11月〜4月の期間でクジラが見ることができるそうです。だからパネルと妄想で我慢、いや自分には見えてました。


ここまでくればあと5分ほど登れば頂上。マカプウ岬は二つのビーチに挟まれてて、進行方向にもスカイブルーの海が見えます。

この日は空も綺麗な色です。パラグライダーで上空を周遊している人もいます。気持ちええんやろなぁ。


ホエールウォッチングの展望台から5分ほど歩いて、頂上到着です。頂上といってもシンプルな展望台でした。

だけどその景色は絶景。パノラマで撮れば延々と青が繋がっています。青の綺麗さに圧倒されています。

写真じゃうまく分からないけど、うっすらと陸地が見えて、40kmぐらい離れているモロカイ島です。


空と海が青で埋め尽くされているんやけど、その濃淡だけで躍動感があります。なんというか、地球の凹凸がよく分かりました。海溝が濃くって、浅いところは綺麗なエメラルド。

上の写真は展望台から北西側の海。天使の海と言われて、自分が見た中でハワイで一番綺麗だったサンドバーがある方角。


手前の岩はRabbit rock(ウサギ岩)。展望台から見ると、ウサギと目が合っているように見えるのでその名前が付けられたそうです。確かに岩のくぼみが目で、左側に向けて耳が垂れて、ウサギによく似てる。



あとこの展望台も岬の崖の上にあります。崖下を覗き込めばこんな感じ。どうやって作ったのか不思議な灯台があります。今はコンピュータ制御されてて無人なようですが、人の開拓根性がこんなところにも見えます。

ここまで寄り道を含めて1時間10分ぐらい。残り時間が40分ぐらいなので、シャキシャキと歩かなければなりません。

日頃の運動不足を棚に上げて、めっちゃ充実感を得ている妻。他に写真を撮ってたら勝手にチャキチャキ進んで行ってしまった。

帰りももと登ってきた道を一本なんでそこまで大変ではなかったけど、寄り道なしで30分ぐらいのハイキング。


集合時間のギリギリになってしもうたけど大満足のツアーでしたね。


まぁ初めてのハワイで行くには時間がないかもしれないけど、2回目以降で身体を動かしたい人にならオススメです。道も頂上まできっちり舗装されてて、寄り道しなければ歩きやすい道なので初心者向けのハイキングこーすですね。


あと、自販機とか売店は一切ないから、一人500mlのペットボトルに2本ぐらい持ってった方がええかもしれんね。