読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今、旅に出たい

今、観たい景色を求めて。歩く、歩く。

【シネマ旅】アメリの映画の舞台、心温まる町モンマルトルを歩く

ヨーロッパ ヨーロッパ-フランス 旅行 旅行-シネマ旅

不思議少女アメリが紡ぐ、小さな幸せの物語

Looking for Amelie [Cafè des 2 moulins]

カフェで働くアメリは小さなころから空想や一人遊びが大好き。人をこっそり喜ばせる楽しみを覚え、周りをちょっとだけ幸せにする悪戯に夢中になっていきます。

そんなある日、かねてから気になっていたニノがアメリの前に大切な宝物を落としていく、気づかれることに臆病なアメリは直接彼にその宝物を返せずにいて・・・、といったお話しです。

アメリ役のオドレイ・トトゥはこの映画をきっかけに世界的にブレイクしました。

アメリは、パリ北部のモンマルトルを中心にした心温まるコメディ。撮影にはセットを使わずに、現地のロケのみで行われたため、映画に登場する店舗や通りも実在しているものだけです。映画ゆかりの土地を巡る観光客でも続出した、ロケ地巡りの定番のお店です。

アメリ [Blu-ray]

アメリ [Blu-ray]

===

モンマルトルを歩けば、そこかしこで愛すべき「アメリ」の世界に出会うことができます。しかも、モンマルトルと言えば、かつてピカソユトリロに代表される多くの芸術家が集まったことで有名なエリア。モネやゴッホが通っていたビストロ・ル・コシュラもある。

偉大な芸術家たちが愛した古き良きパリの香りを残す街並みやゆかりの店、更に禁煙オープンが続いたオシャレなブティックなど、散策の楽しみは尽くことはないでしょう。

レ・ドゥ・ムーラン

Cafe de 2 Moulins

アメリが働くカフェとして、映画の中にも登場したカフェ。映画をきっかけに一躍有名になり、現在も店内にはアメリの写真が飾られており、すっかりモンマルトルの観光名所となりました。タバコ売り場はないものの、店内は映画とほぼ同様みたい。

名物メニューはやはり「クリーム・ブリュレ」。ザラメ糖を焼いたカリカリの表面をアメリが嬉しそうにスプーンで割るシーンでおなじみ。
※アクセス:メトロ2号線Blanche駅から徒歩1分
※アドレス:15 Rue Lepic 75018

モンマルトルの丘

Montmartre

パリを見晴らす市内で一番高い山。映画では、その絶景を眺めながら空想することがアメリの好きなこと。

丘の上に立つサクレ・クール寺院はハイライトシーンの舞台となっています。パリでは珍しいビザンチン様式を踏襲した3つのドームが特徴的で、名称は「聖なる心」という意味。寺院正面の広場からパリを一望できるが、ドームの頂上に登れば、360度のパリ全景が見えてくる。
※アクセス:メトロ2号線Anvers駅から徒歩5分
※アドレス:Pl.du Parvis du Basilique du Scare Coeur 75018

トロワ・フレール通り

Les trois freres

アメリが住んでいた通りで、行きつけの八百屋「コリニョンの店」の撮影に使われた店も通り沿いにある。パリの下町風情が楽しめる。
※アクセス:メトロ12号線Abbessesからすぐ
※アドレス:Rue des Trois Feres 75018

サン・マルタン運河

Canal Saint-Martin

アメリが水面に小石を投げる水切り遊びのシーンが撮影された。セーヌ川とパリ北部のウルク運河を結ぶ運河。ノスタルジックな風景は、市民の憩いの場所にもなっている。
※アクセス:メトロ2、5、7号線Jaurws駅から徒歩10分
※アドレス:Canal Saint- Martin