読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今、旅に出たい

今、観たい景色を求めて。歩く、歩く。

【シネマ旅】大人の恋愛ができるフィレンツェの街~情熱と冷静のあいだ~

http://www.flickr.com/photos/58706190@N04/21756881730

大人の恋愛が似合う街、「冷静と情熱のあいだ」の舞台、フィレンツェ

江國香織辻仁成、二人の人気作家が一つのラブストーリーを男女それぞれの拠点から描いた同名のベストセラー小説を映画化。当時のテレビドラマに多数出演し、若い女性に絶大な人気を飾った竹ノ内豊の映画初主演作品として話題になった。相手役を演じるのは香港のスター女優ケリー・チャン。イタリア・フィレンツェの芸術的な街並みを背景に、繊細な男女の心の機微が描き出されています。

フィレンチェの中心にある歴史遺産、ドゥーモ。サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(花の聖母の大聖堂という意味)が正式名称。ルネッサンス最盛期に多くの芸術家たちが建築・彫刻・絵画を担当した。絵画では主役2人の「約束の場所」という設定。

ドゥーモと並ぶフィレンツェのランドマークの一つ。ヴェッキオ橋。中世以前よりリアルノ川に架かっていたが、一度洪水で流失し、14世紀半ばに再建された。16世紀半ばにメディチ家によってヴァザ―リの回廊が増築された。映画では隣に架かるサンタ・トリニタ橋ととも建設された。

物語は東京、ミラノ、フィレンツェの3都市で展開し、撮影もこれらの地域で行われたそうです。作品にはミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラツイエ教会、フィレンツェのドゥオーモやヴェッキオ橋、ウッフィツィ美術館、ミケランジェロ広場といった観光地が多数登場。また、竹ノ内豊演じる純正が暮らすフィレンチェの街並み事態も本作の大きな見どころです。竹ノ内豊が絵画修復のレクチャーを受けるシーンはウッフィッツイ美術館で、2人が10年越しの約束を果たし再会するシーンはドゥオーモで撮影されました。

ストーリー

修復士を志し修行中の阿形順正(竹ノ内豊)は、充実した生活とは裏腹に、かつて愛した女性。あおい(ケリー・チャン)を忘れられず、心に虚しさ忘れず虚しさ抱えていた。彼女が恋人と幸せに暮らしていると知り、打ちひしがれる順正だったが、あおいの30歳の誕生日にドゥオーモのクーポラで待ち合わせるという10年前の約束に望みをかけ、約束の地に向かうのです。

冷静と情熱のあいだ(通常版) [DVD]

冷静と情熱のあいだ(通常版) [DVD]

映画の舞台/主なロケ地

1980年代後半と1990年代の東京、ミラノ、フィレンツェ

ドゥオーモ

http://www.flickr.com/photos/94950196@N05/8655142172
photo by joellie.s

フィレンツェのシンボルであrことの建物は、映画のクライマックスで竹野内豊とケリー・チェンが再会するシーンで登場。13世紀末に着工し、140年もの歳月をかけて完成した大聖堂です。建築家ブルネレスキが提案した屋根の二重構造という画期的手法により、高さ100m超のクーポラの美しいアーチが保たれています。

ヴェッキオ橋

http://www.flickr.com/photos/60111909@N00/19669320516
photo by NunoCardoso

アルノ川に架かる2階建ての橋。橋の上にはフィレンツェの伝統工芸である金細工の店が立ち並び、いつも観光客でにぎわいます。ルネッサンス期の名彫金師チェッリーニーの像がある橋の中央からアルノ川を望める。竹野内豊が自転車でサンタ・トリニタ橋のを渡るシーンでバックに見ていたのがこの橋。

ウッフィッツィ美術館

http://www.flickr.com/photos/78436447@N00/279625220

映画冒頭で絵画修復のレクチャーが行われていた美術館。ダ・ヴィンチラファエロ、ポッティチェッリをはじめ、イタリア美術史に輝く名画を収蔵する美術館として世界的に有名。メディチ家のコンモ1世の依頼により建築家のヴァザーリが担当した建物自体も歴史的・芸術的価値が高い。

行くならこんなシネマ旅

予算

25万円
航空券+ホテル+朝食付きの一般的なツアー

ベストシーズン

4月、5月、10月。
雨が少なく温暖な4月、5月、10月がベスト。内陸に位置するフィレンツェは夏場は蒸し暑く、猛暑になることも多いので注意した方がいいかも(7月・8月に覚悟が必要。)11月を過ぎると急に寒さが厳しくなる。

何泊ぐらいが理想

4泊6日。
日本からフィレンツェへの直行便はないので、まずはヨーロッパの他の都を経由する便を使うことになります。アメリゴ・ヴェスプッチ空港から市内へはバスで25分、ガリレオ・ガリレイ空港から市内へは鉄道で1時間30分。

イタリア主要都市からフィレンツェの行きの列車も多数運行しており、レ・フレッチェ(高速列車)利用ならローマから 1時間35分、ミラノから1時間40分。