読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今、旅に出たい

今、観たい景色を求めて。歩く、歩く。

世界一美しい、アマルフィ~女神の報酬~のロケ地を巡った

旅行 旅行-シネマ旅 ヨーロッパ ヨーロッパ-イタリア

http://www.flickr.com/photos/87983375@N00/5828097685
photo by mailliw

アマルフィ織田裕二が活躍したロケ地は「世界一美しい海岸」

フジテレビ開局50周年の記念作品として、当時のフジテレビ史上最高の製作費をかけたとされたサスペンス大作。邦画で初めて、オール海外ロケですべてイタリアで撮影されました。主役は織田裕二さん。織田裕二さんにとっては「踊る大走査線」に続くハマり役。続編の「アンダルシア」も制作されました。

http://www.flickr.com/photos/44460990@N04/8504183042
photo by Drumsara


このアマルフィが主に撮影されたロケ地は「世界一美しい海岸」として世界遺産に登録されました。上の写真はアマルフィ海岸の中央辺りに位置するポジターノ(Positano)の街並み。ティレニア海に断崖絶壁が続く風光明瞭な景観は、1日中眺めても飽きさせることはありません。(ポジターノ港から徒歩10分。)


http://www.flickr.com/photos/19703499@N00/2148385669
photo by jean poole

コロッセオ

http://www.flickr.com/photos/28353725@N00/16290750086
photo by Dean Ayres
ゼルダ宮殿


アマルフィだけでなく、ローマ市内や南イタリアのゼルタなど、有名観光地が次々に登場し、美しい風景を楽しめます。特に、アマルフィは映画公開後、日本人観光客がどっと訪れ大騒ぎに。今でも人気観光地の一つです。


タイトルはアマルフィですが、実際にロケが行われたのは同じアマルフィ海岸に位置するポジターノ(Positano)やラヴェッロ(Lavello)など。ポジターノは丘の斜面に建物が並ぶ絵画のような街で、ヨーロッパの人たちもバカンスに訪れる一大リゾート地です。

ストーリー

クリスマスをイタリアで過ごそうとローマを訪れた上紗江子(天海祐希)の娘が、美術館で何者かに誘拐されてしまう。そのとき、ローマには日本の外務大臣が来訪予定で、日本大使館はその警護の準備に追われていました。誘拐事件の通訳を担当することになった外交官・黒田康作織田裕二)は、事件の手がかりを追ううちに、誘拐事件の背後に潜む巨大な陰謀に気づいていく・・・

映画の舞台/主なロケ地

2000年代のイタリア、ローマとアマルフィ海外が主な舞台

ポジターノ

http://www.flickr.com/photos/64600147@N07/16506379192
photo by Michael Matti


ポジターノの海岸で、織田裕二天海祐希が語り合うシーンなどが撮影された街。人口3,600人ほどの小さな町で、海岸沿いの斜面に色とりどりの建物が続きます。世界有数のリゾート地でもあり、ゴージャスなホテルも多いです。

サンタ・カリナート(Santa Caterina Hotel)

http://www.flickr.com/photos/11641964@N06/7280220930
photo by ***Images***

織田裕二天海祐希佐藤浩市の3者が遭遇し、やがて佐藤浩市が疑わしいことが判明するホテル。サンタ・カテリーナはアマルフィに実在する5つ星のホテルで、客室で見た朝日は本当に美しかった。

ドゥオーモ

http://www.flickr.com/photos/50879678@N03/16515749923
photo by byb64

織田裕二天海祐希が犯人の正体に迫る重要なシーンが撮影されたのは、ラヴェッロの町の中心にある大聖堂。11世紀に着工し、内部は18世紀にバロック様式に改築された。ラヴェッロへは、アマルフィからSITA社のバスで30分。標高350mの、海を見下ろす絶景地だ。

コロッセオ

http://www.flickr.com/photos/32398343@N00/2948973969
photo by isriya


犯人を追い詰めるシーンは、ローマのコロッセオからカヴール通りに抜けるアンニヴァルディ通りで、ライトアップされたコロッセオをバックに拝啓されました。コロッセオは紀元前80年ごろ。ティトゥス帝の時代に完成した円形競技場。

サンタンジェロ城

http://www.flickr.com/photos/87690240@N03/16346546165
photo by Giuseppe Milo (www.pixael.com)
http://www.flickr.com/photos/60397709@N06/14785427107
photo by MrFederico


誘拐犯との取引場所として撮影された。城内の階段、展望台などが登場する。139年にナドリアヌス帝の霊廟として建設され、後に要塞や牢獄、王の住居などに転用された。

スペイン広場

http://www.flickr.com/photos/16564965@N04/1781063503
photo by Michael Gaylard


ローマの休日』でも有名な広場の階段を、織田裕二天海祐希が駆け上がる。17世紀、広場のそばにスペイン大使館があったことからこの名がついたと言われています。

行くならこんなシネマ旅

予算

航空券+ホテル+朝食付きの一般的なツアー

ベストシーズン

5月から9月。
アマルフィ海岸のある南イタリアは年間を通して温暖な気候やけど、ベストシーズンはなんといっても5月~9月。(8月は暑すぎる日もあるけど。)

11月~3月は休業するホテルも多いので注意。

何泊ぐらいが理想

6泊8日。
日本からアマルフィまで直行便はないので、まずはローマへ。ローマから南部の中心地ナポリへ鉄道で1時間10分。ナポリから鉄道でポンペイへ30分、ポンペイからソレントへ40分。ソレントからポジターノへはバスで1時間。ポジターノからアマルフィまでバス40分。ナポリから船で行くのも洒落た旅行になる。